COMPANY INFO

サステナビリティ

品質への取り組み

【 基本理念 】

当社は、「世界№1の企業」を目指して、常に環境に配慮し、優れた先端技術の開発を推進すると共に、お客様へ信頼と、安心と、満足の得られる製品を提供することにより、持続的発展可能な社会の構築に貢献する。

【 方針 】

  1. ニーズの一歩先を行く、Q(品質)、E(環境)、C(コスト)、D(納期)を満足する製品づくりに徹する。
  2. 法的要求事項を含む全ての要求事項を満足させると共に、品質・環境マネジメントシステムの継続的な改善をはかる。
  3. 品質・環境目標を設定し、定期的に見直しをはかる。
  4. 生産・業務の効率化をはかり、廃棄物を削減すると共に、化学物質を管理し、製品の環境配慮設計をすることにより、環境保護に努める。
  5. 使用エネルギーの削減及び用紙使用の適正化をはかる。
  6. 基本理念及び方針は全従業員に周知すると共に、一般に公開する。

環境への取り組み

  1. 1.太陽光発電設備

    国の制度である「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、本社及び九州工場に太陽光発電設備を設置しています。発電規模は合計で1,275kWであり、5,256枚のパネルで約420世帯分の発電を行う事で年間約800トンの二酸化炭素削減に貢献しています。

    image


  2. 2.工場緑化の推進

    2000年6月完成の本社工場について、工場緑化への取り組みが評価され、2004年10月に「日本緑化センター会長賞」を受賞しました。

    image

社会への取り組み

  1. 1.WAZA-One GP(ワザワングランプリ)

    WAZA-One GPは、現代の日本について、「技術力の低下」「モノづくりの危機」を強く感じている技術系の企業が集まり、発足した大会です。昔から伝わる遊びを通じて、子供たちの活力を引き出すと共に、遊びに工夫を加えてより精度を高めることにより、モノづくり技術への素養を高めることを目的として定期的に開催しています。

    image
  2. 2.両立支援への取り組み

    当社は、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、社員が仕事と子育ての両立をはかるために必要な雇用環境や、次世代の社会を担う子供たちが健やかに生まれ育つことができる環境の整備に取り組んでいます。
    両立支援行動計画 2020年4月~2025年3月


  3. 3.ダイバーシティ

    人材の成長が企業の成長ととらえ、各々の個性を強みにそれぞれが活躍できる制度・風土を整備していきます。多様な人材が持てる能力を最大限に発揮できるよう、ダイバーシティを推進し、イノベーションの創出を促進します。
    ・採用労働者に占める女性の割合:全体26.3% / 社員6.7% / 準社員100%
    ・労働者1カ月あたりの平均残業時間:19.8時間  (共に2020年度データ)
    女性活躍推進行動計画 2021年6月~2025年3月


  4. 4.メンタルヘルスサポート

    当社では、全従業員とその同居家族のメンタルヘルス・健康・介護に対して、産業医や専門家へ気軽に相談できる電話やメールでの無料カウンセリングの窓口を設置しています。従業員への定期的なストレスチェックに基づく助言や面談でのヒアリングなど、従業員、従業員を支える家族も含めてサポートに努めています。



  5. 5.安全衛生委員会

    総括安全衛生管理者の管理のもと、会社及び社員を代表する委員により毎月1回、安全衛生委員会を開催しています。安全衛生に関する諸計画の立案、調査、審議などを実施遂行します。

Page Top