MAIN SITE

ディスクロージャーポリシー

ローツェ株式会社(以下、当社)は、以下のとおりディスクロージャーポリシーを定め、当社及びグループに関する適時開示情報に関して、株主及び投資家の皆様に対し、適時に正確で公平な情報の提供に努めてまいります。

1.開示の基準について

当社は、株主及び投資家の皆様に対して公正かつ正確な情報を適宜提供するために、金融商品取引法等の関係法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の皆様に当社をご理解頂く上で有用と判断されるものについて、適時・適切に情報開示を行ってまいります。

2.開示方法について

当社は、株式会社東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)を通じて、適時開示情報の開示を行っております。また、開示した重要情報は速やかに当ウェブサイトにも掲載いたします。なお、掲載準備の都合上、これらの情報の当ウェブサイトへの掲載時期が多少遅れることもありますのであらかじめご了承下さい。また、有価証券報告書等の法定開示書類は、「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)」を通じて公表しております。

3.将来の見通しについて

当社が情報開示する予想・見通しは、開示時点において入手可能な情報に基づく判断によるものであり、将来の計画数値、施策の実現を確約したり、保証したりするものではありません。今後の様々なリスクや不確定要素などの要因によって、実際の成果や業績と公表された予想・見通しとの間に差異が発生する可能性があることをあらかじめご承知下さい。

4.沈黙期間について

当社は、決算情報に関する情報漏洩を未然に防止するために、各四半期決算日の翌日から決算発表日までの期間を沈黙期間と定めております。この期間中は原則として決算・業績見通しに関連する質問の回答やコメントを差し控えさせていただきますのであらかじめご了承下さい。なお、この期間中であっても、投資家の投資判断に多大な影響を与えると判断した将来情報や重要事実が発生した場合には、適時開示規則にしたがい速やかに公表してまいります。